2005年は生産性を生む方向へシフトしましょう!

ISO、自動車リサイクル法、個人情報保護法、プライバシーマーク、ISMS、CSR..次々と時代の流れから要求されるものが目白押しですが...
ちょっと良く考えて見ましょう!
a0017660_17501119.gif

こららのどれもが、多大なるコストであり、基本的に生産性を生み出すものではありません。
マネージメントビジネスとでもいうのでしょうか?今後もこれらに引きずられながら乗り越えていかなければならない大波が押し寄せてくるでしょう!

本来、企業はその会社理念をベースに営業活動を通じて利益を出し、社会に貢献しているものです。しかしながら前述のように次々と出されるマネージメントビジネスに振り回され、企業体力そのものを消耗しているのが現状ではないでしょうか?

ここで決して忘れてはならない重要なポイントは、本来その企業がもつ社会的意義を遂行する為のビジネス(=本業)にもっと重点を置かなければならないということです。
コストをかけてISO、プライバシーマーク、ISMSなどの認証を受けることが決定的な他社との差別化にはならないはずです。
これらは当たり前といえば当たり前のことを形にしようとしているだけです。
これらを否定しているわけではありません。
とっとと片付けて大切な方向に早くシフトすることが重要だということです。
もっとも重要な優先すべきものがあると言うことを述べたいのです。

今、生産性を上げ、他社に無い新規事業開発にどの程度の会社資源を投入していますか?

何ら取り組みのない企業は論外ですが、出来れば20%少なくとも10%程度の経営資源を新規事業に割り当てたものです。研究開発型企業では、30%を超えるところも少なくありません。
資源の集中ということも叫ばれておりますが、決して将来を犠牲にするという意味ではありません。

さてもう一度伺います。
2,3年後に花開く事業の種は撒かれていますか?10年後のビジョンは描かれていますか?
”先の読めない時代”と言うのは、怠慢な経営者の言い訳にしか過ぎません。

将来について、喧々諤々、議論をする場だけでも今すぐ出来るのではないでしょうか?

今日の先延ばしは致命傷にもなりかねません。
今すぐ動き始めることは、あるはずです。
さあ、新しい一歩を踏み出す、決断をして下さい!!
そして実行に!


新しいこと Topdasから
[PR]
by topdas | 2005-01-11 17:50 | News&Comment