ブログランキングブームとその先

仕事柄、最近流行っているものを一度は食べてみる主義なので、Blogランキングに登録してみようかとここ1,2週間イロイロと研究してみた。

しかし、その仕組みは十分理解したが、自分はやらないことに決めた。

ブームを仕掛けることは自分の仕事の一部なので、他人が仕掛けたブームやヒット商品の裏側は非常に興味があり、何故人がその方向に動いたのか?は今後の仕掛けに役立つ。

自分はブームに乗る人にはなれない。
それはいずれ沈着するその先のほうが最も気になるから。
我が社のキャッチの一つに「次世代ビジネス百貨」があるが、常に100以上のビジネスネタを持っている。それも日々新陳代謝を繰り返して幅広く且つ高機能になっている。

ブログランキングは、自分のブログを第3者が評価してくれるモノで、上位に食い込んでいると嬉しいものだ。仕組みは簡単で、ブログを見た人がバナーをクリックするとポイントになるという仕掛け。これはこれまでバナー広告にあった方法と同じだ。

成功した仕掛けを他に利用するのは、企業に「新たな売れる仕組み」を構築する場合にも取り入れられることが多い手法だ。他の業界で一定の成果を上げたやり方をスライドして自分の業界で使ってみるというオーソドックスながら、成功率も高いやり方である。

さて、今回私がブログランキング登録をやめた本当の理由は、ランキングバナーを貼っている人たちのBlogには、中身よりもクリックして欲しいという物乞いコメントがあまりにも多いことだ。(全てではありません)その中で、第3者評価は期待できないし結果が良くてもそれ自体何も意味が無いと感じたからです。
Google対策でTopに表示されることが最終目的(重要な場合はあっても目的ではないはず)に思っている人たちと同じ匂いがするし、何かつまらなく感じてしまったのが正直なところです。
[PR]
by topdas | 2005-03-13 23:55 | News&Comment