銀行ICカードの行方

三井住友銀行でICカードについてお話を聞いた。

ゴルフ場での被害など、スキミングによる磁気カードのセキュリティの問題が取り立たされていますが、その救世主となる予定の”ICカード”の普及や現状の問題点などについてお話を伺った。
a0017660_11123138.jpg

現段階で、ICチップ(ICカードの中に埋め込んである記憶装置)によるセキュリティは万全であると考えられている。ICカードを読み取って作ることはほぼ不可能ということだ。
ただ、人間が作ったものなのである意味”完璧”ではないが、それを求めるのは無理な話。
しっかりとしたヒューマンプロテクトがシステム化されているという”信頼”が大前提にある。

では、全てICカードにすればいいんじゃないの?

・同行のICカードでは、ICカードと云っても磁気ストライプ機能も持ち合わせているということ。
1日あたり引き出し上限額がICチップでは300万円、磁気ストライプでは0円が初期設定されている。そして引き出すにはいずれも暗証番号が必要だ。
この状態では、暗証番号も知られ、スキミングによるカード偽造が行なわれても限度額が0円なので心配は無い。
しかし、ICチップだけの設定だと他行のATMでは下ろせない不便さがある。このあたりの互換性がシステム化されないと、普及のスピードはイマイチなのかも知れない。

しばらくは、磁気ストライプに限度額を設定して使うことになりそうだ。
例えば、磁気ストライプでの引き出し上限額を10万円に設定していたとして口座に300万円あったとしても、犯人は全額下ろすのに30日間かかる計算になる。

但し本カード自体と暗証番号が盗まれるとこのシステムでもアウト!

東京三菱などが発行している”静脈認証”など暗証番号以外のセキュリティの方がもっと万全だ。ただ、家族の口座を主人と奥さんが共有して使用していた人にとっては、そういう使い方は出来なくなる。

当面、使えるATMの数や他行の利用などまだまだ課題を抱えながら進んで行くしかないようですね。
また、電子マネーやお財布携帯など、お金の使い方とセキュリティは、やはりそれぞれ個人が自分の生活スタイルに合わせて選択していく事だと思う。
[PR]
by topdas | 2005-05-30 11:13 | News&Comment