75%が現在の仕事に無気力感、約半数が潜在的な転職志願

野村総研が2005年10月にインターネット上で実施した「仕事に対するモチベーションに関する調査」の結果をよく見ると、インディペンデント・コントラクター(IC)的働き方が益々増えるのではないかと思われますね。
IC=雇われない雇わない働き方
a0017660_109177.jpg

以下引用---
今回の調査から、仕事での成長実感が薄く無気力を感じ、仕事に対する社会的意義も感じられず、容易に転職を考えがちな若者の姿が浮き彫りになりました。現在の仕事に対して無気力を感じる人は75.0%(「よく無気力を感じる」16.1%、「ときどき無気力を感じる」58.9%)でした(図1)。また、3年前と比較して「あまり成長した実感がない」が42.5%に達し、「成長した実感がある」の38.7%を上回りました(図2)。成長に対する停滞感は特に30代で高くなっています(男性49.0%、女性47.5%)。さらに、現在の仕事に「社会的使命感を感じない」(「どちらかといえば」を含む)は31.7%で、「社会的使命感を感じる」(「どちらかといえば」を含む)の29.5%を超えています(図3)。特に女性の中で、社会的使命感を感じていない人の割合が高くなっています(20代37.3%、30代41.8%)。
 今後の就業意向については、「定年まで勤めたい」は17.9%に過ぎず、「あと10年以上は勤めたい」(9.9%)と合わせても長期定着意向は3割にも達していません。逆に、「機会があればすぐにでも転職や独立をしたい」(18.7%)、「3年以内に転職や独立をしたい」(13.0%)、「あと5年ぐらい勤めたい」(12.3%)を合計した潜在的な転職志願者は44.0%(図4)となっています。
引用終了---

詳細はこちら、http://www.nri.co.jp/news/2005/051205.html

最近スパムが多いのでトラックバックは不可設定しています。
[PR]
by topdas | 2005-12-07 10:09 | News&Comment