第48回 日本雑誌広告賞入賞作品展

汐サイトにある電通本社の地下で開催されている「日本雑誌広告賞入賞作品展」を見に行ってきました。
a0017660_1012846.jpg

経済産業大臣賞「カラス、なぜ泣くの?」松下電器産業他、各部門の作品がズラーリ。
また、年代別の展示や広告に関する短編映画もあり、クリエイティブ族の方は必見です!
12月17日(土)まで電通本社アド・ミュージアムで開催されています。

今回の作品展を見て感じたのは、”キャッチコピー”の大切さ。
単に見た目の美しさやデザイン性も重要なのですが、興味を持ったその後に見るのはやはりキャッチ。惹き付けた後にキャッチで引き込む。これが真髄。
a0017660_1021394.jpg

また、イベントホールではたまたま、大江戸線5周年記念イベントも開催されていて、沿線にある各国大使館からカナダ、モロッコ、韓国などお国自慢の料理ブースで賑わいを見せていました。
a0017660_102456.jpg

汐留エリアは、単なる集客施設ではなく巨大ビジネス空間とコミュニケーションの街とでもいうのでしょうか?同じように巨額を投じている大阪の破綻3セクとは違い、発展する要素をいくつも持っています。
a0017660_1032155.jpg

[PR]
by topdas | 2005-12-12 10:03 | News&Comment