小さな映画監督:ムービーの威力

先日、東芝のハードディスクカメラ”gigashot”をヤフオクで手に入れて様々な場面で試用しています。
a0017660_1894189.gif
非常に取扱いが簡単で、プロモーションムービーが簡単に作れます。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050928/toshiba6.htm
最近、撮影したのは環境系のESCO事業に近い”ECOサービス”を導入する企業への事前調査の一部始終を撮影。
今のところ、使い道は、
・顧客現場の臨場感ある使用風景(帰ってから現場に居なかったスタッフと分析する)
・顧客の機器の問題点や現場オペレーターのヒアリング(生の声をそのままに)
・今後、ムービーを蓄積すれば、社内研修用の動画マニュアルが出来そう
・また、アライアンス先の企業向けの研修ビデオにも使えそう


これらの使い方は、ずいぶん前からイメージしてたのですが、取るのも大変だったし、その編集は自分で行うにはあまりにもややこしかった。(時間コストと比べて実態にそぐわない)

専門の編集者に頼むのも可能だったが、コストが掛かることと出来映えのイメージをあわせるのが大変。(一番大きな問題は時間コストだった)

このgibashotでは、自分で取った映像をUSBでつないでパソコンにデータを送れば直ぐにメディアプレーヤーで再生できるし、付属ソフトでタイトルをつけたり、編集も可能。
取ってきた映像をそのままCDやDVDに落として他人に提供するまでの時間はほんの15分もあれば可能。
静止画も取れて、そこそこ画像もクリア。

今後は、スピーディな新しい提案方法として重宝しそうです!

中身の仕上げ方(訴求)が一番のポイントですが、そこは得意分野。
価値ある提案にまた強力な武器が手に入りました。
[PR]
by topdas | 2006-01-16 10:26 | Child's Eye