eco japan cup 2006 (エコ・ジャパン・カップ)

エコジャパンカップの応募が始まりました。対象は、起業家も事業者も!
http://www.eco-japan-cup.com/schedule.html
a0017660_95017100.gif
環境ビジネスは、2000年で30兆円、2010年には58兆円規模になると言われています。
先日も、日経新聞で特集がありましたが、資源循環型社会を目指す為には、どうしても社会的な変革が必要です。そして、社会的循環モデルを早期に構築して行くためには、行政や企業レベル任せでは無く、国民一人一人の創意工夫が求められています。


是非、この機会にあなたの立場で精一杯出来る”ECO”を考えて実行してみてください。
個人レベルでもこんなに。エコファミリー
http://www.eco-family.jp/introduction/ecofamilylist_details.html?p=0&type=0&uno=1329&from=rank
Topdasの新規事業プロデュースでも、既に3件のECOが走り始めています。

・鉛蓄電池(バッテリー)の3R(リデュース、リユース、リサイクル)によるCO2削減
・コストゼロで導入できる、全自動デマンドコントロール(省エネ機器)
・産業廃棄物の優良事業者の全国ネットワーク

まだまだ、創れる新しいECO分野ビジネス!いざ挑戦!!
[PR]
by topdas | 2006-06-08 09:50 | News&Comment