セールスレップに関する仲間募集

日本版セールスレップの研究

新商品や新規事業開発に携っているビジネスプロデューサーの方ならピンとくるかも知れませんが、「セールスレップ」というのは「売る専門職」だと理解していただければいいでしょう。

特に売るものは限定せず、自分の過去の経験や人脈を生かして「売れるモノ」を売り歩いて生計を立てている人達です。
製造メーカーの物流や販売資料はそのまま利用しながら、メーカーから売れた分の手数料を貰う仕組みです。
一人の方が複数のメーカー品を扱うことも当たり前のようにあります。

a0017660_16444272.gifつまり売る人は、コミュニケーションの出来上がった売れる販路を持っており、その買う人達の信頼関係の中で、必要なモノを流して販売してゆく訳です。
例えば、自動車会社の方は、車を売ることや保険などの関連商品を売ることは可能ですが、そのお客さんに家具や電化製品や無農薬食品を売ることは通常しないでしょう!

セールスレップの方は、そのお客様に必要なものであれば、何でも売ってしまいます。
またそれを買うお客様も、それまで購入した商品やサービスに満足しているからこそ、またそのセールスレップからモノを買うのです。

昔、田舎町に車でいろんな生活雑貨や食品を売っていた「よろずや」的なポジションです。
買う人が選ぶネットショップが発達したとはいえ、買う人の為に商品価値を吟味して提供してくれるセールスレップは、今後も日本社会では存在価値のある職人になるでしょう。

売り先は個人に限らず、企業相手を専門にしている方もいらっしゃいます。

このセールスレップに興味のある方やもう既に同じような営業活動をしている方で、新たな商材や情報提供を望んでいる方は、是非ご連絡下さい。
今後情報交換や交流などイベントを開催してゆきたいと考えています。
[PR]
by topdas | 2004-07-20 16:46 | Sales-representative