2004年 07月 18日 ( 1 )

アイデアがお金になる仕組みを作る

a0017660_0833.jpg何故、アイデアだけだとお金にならないのか

・Kさんは後に、ビッグビジネスを立ち上げて、世に名を轟かせる事業家となるのですが、最初は勿論アイデアレベルからのスタートです。

・K氏「これからは無線ICタグの時代が間違いなくやってくるので、良いビジネスモデルを考えれば、我々個人レベル、ベンチャー等にも十分チャンスのある分野だと思うんですヨ。例えば全商品に無線ICタグを付けたスーパーマーケットだとレジで一瞬のうちに情報を読み取って決済まで出来るので”レジ待ち”行列は無くなるんです」
というと
・A氏「あー知ってる知ってる、でも大手も皆同じこと考えてるよ」
さらに
・Bコンサル「アイデアは誰でも浮かぶけど、もっとそこから先に進んでターゲット選定やマーケティング、事業プランを立てて見ないとね」
つられて
・C氏「アイデアだけだと大手に取られてしまったりして、結局我々には無理なんだよ。。」
と、良くある話である。

最初は、カッカと頭に来て、むきになって反論したりしていましたが、最近では”よし、これで1人脱落。おっと、又1人。。”と、戦う前から戦線離脱をしてくれる人を歓迎できるようになりました。

同じことを云うにしても夢が膨らむ言い方がありますよね。
・D氏「ほー。僕もこの分野はこれから伸びると思ってたんだけど、全くアイデアが浮かばなくて。スーパーマーケットでの利用の話は先日雑誌にも話題になっていたから、もう一工夫あればおもしろいかも・・」

今後は多分、新しい情報やアイデアはD氏の所にまず一番に入るでしょうね。

今は詳しく述べられませんが、近々経済産業省から新しいベンチャー支援策が実行に移される予定です

アイデアレベルを馬鹿にするもんじゃありませんよ。Topdasの新規事業は小さなアイデアまでも確実に保有し有効利用しています
[PR]
by topdas | 2004-07-18 00:09 | Pro-Worker