<   2004年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

予想より早くブレイクの予感

Topdasの新規ビジネスで今年一番の注目である無線ICタグ

以前から話題に上げている「無線ICタグ」ですが、最近ドコモがオサイフケータイというキャッチで売り出したコレもその一つ。
ソニーのフェリカを使って、携帯電話を使った電子マネー決済を実現した。
これは、身近に出てきたほんの走り出しに過ぎない。

私が、予測しているのはもっともっとこれもウン万倍の世界です。

大手が研究している高度で大掛かりな分野だけでなく、もっと身近なところで”ビジネスチャンス”は待っています!

皆さんも、一緒に考えませんか?

分野、業種、ICタグの知識などは問いません。
興味があるか、何か感じるものがあるかどうかです!

この、2ヶ月間で多方面の方々と十数回の大小ミーティングを開催して、一歩ずつ早足で新しいビジネスが形になりつつあります。
お一人からでも大丈夫です。
一緒にアイデアをブラッシュアップしていきましょう!
a0017660_11404791.jpg
[PR]
by topdas | 2004-07-28 11:43 | 無線ICタグBusiness

セールスレップに関する仲間募集

日本版セールスレップの研究

新商品や新規事業開発に携っているビジネスプロデューサーの方ならピンとくるかも知れませんが、「セールスレップ」というのは「売る専門職」だと理解していただければいいでしょう。

特に売るものは限定せず、自分の過去の経験や人脈を生かして「売れるモノ」を売り歩いて生計を立てている人達です。
製造メーカーの物流や販売資料はそのまま利用しながら、メーカーから売れた分の手数料を貰う仕組みです。
一人の方が複数のメーカー品を扱うことも当たり前のようにあります。

a0017660_16444272.gifつまり売る人は、コミュニケーションの出来上がった売れる販路を持っており、その買う人達の信頼関係の中で、必要なモノを流して販売してゆく訳です。
例えば、自動車会社の方は、車を売ることや保険などの関連商品を売ることは可能ですが、そのお客さんに家具や電化製品や無農薬食品を売ることは通常しないでしょう!

セールスレップの方は、そのお客様に必要なものであれば、何でも売ってしまいます。
またそれを買うお客様も、それまで購入した商品やサービスに満足しているからこそ、またそのセールスレップからモノを買うのです。

昔、田舎町に車でいろんな生活雑貨や食品を売っていた「よろずや」的なポジションです。
買う人が選ぶネットショップが発達したとはいえ、買う人の為に商品価値を吟味して提供してくれるセールスレップは、今後も日本社会では存在価値のある職人になるでしょう。

売り先は個人に限らず、企業相手を専門にしている方もいらっしゃいます。

このセールスレップに興味のある方やもう既に同じような営業活動をしている方で、新たな商材や情報提供を望んでいる方は、是非ご連絡下さい。
今後情報交換や交流などイベントを開催してゆきたいと考えています。
[PR]
by topdas | 2004-07-20 16:46 | Sales-representative

新しい視点Child Eyeを持つ為の良い勉強材料

a0017660_103756.jpgここのところ世間を賑わせている話題に近鉄買収の話があります。プロ野球界も巻き込んでの大騒動って感じです。

Child's Eyeで新しい視点からプロ野球ビジネスを利用して新しい見方考え方を磨いてみませんか?

下記URLでライブドアの社長が出した近鉄買収に関する提案書がPDFで見られます。
プロ野球に興味の無い方にも、こういう場合の提案の仕方や新しい視点からの提案の切り口盛り込まれていて参考になります。

近鉄買収提案書


実は、私はもうかれこれ40年の近鉄ファンです。
たまたま近鉄沿線に生まれ育ったからかもしれませんが。。

今回、Child's Eyeでは、ファンとしてでもなく、また大相撲協会に似た雰囲気を持つコミッショナー会議などの問題は別次元の人達にお任せするとして、あなたが今のプロ野球ビジネスの将来を託されたとしたら、どのような視点でどのような構想を描きますか?

他人事だと思わずに普段からこういう事に自分ならこうするということを考えるといい勉強になりますよ!

やじ馬軍団に入らずに、緊迫感のある当事者になってみてはいかがでしょう!?
[PR]
by topdas | 2004-07-19 10:39 | Child's Eye

アイデアがお金になる仕組みを作る

a0017660_0833.jpg何故、アイデアだけだとお金にならないのか

・Kさんは後に、ビッグビジネスを立ち上げて、世に名を轟かせる事業家となるのですが、最初は勿論アイデアレベルからのスタートです。

・K氏「これからは無線ICタグの時代が間違いなくやってくるので、良いビジネスモデルを考えれば、我々個人レベル、ベンチャー等にも十分チャンスのある分野だと思うんですヨ。例えば全商品に無線ICタグを付けたスーパーマーケットだとレジで一瞬のうちに情報を読み取って決済まで出来るので”レジ待ち”行列は無くなるんです」
というと
・A氏「あー知ってる知ってる、でも大手も皆同じこと考えてるよ」
さらに
・Bコンサル「アイデアは誰でも浮かぶけど、もっとそこから先に進んでターゲット選定やマーケティング、事業プランを立てて見ないとね」
つられて
・C氏「アイデアだけだと大手に取られてしまったりして、結局我々には無理なんだよ。。」
と、良くある話である。

最初は、カッカと頭に来て、むきになって反論したりしていましたが、最近では”よし、これで1人脱落。おっと、又1人。。”と、戦う前から戦線離脱をしてくれる人を歓迎できるようになりました。

同じことを云うにしても夢が膨らむ言い方がありますよね。
・D氏「ほー。僕もこの分野はこれから伸びると思ってたんだけど、全くアイデアが浮かばなくて。スーパーマーケットでの利用の話は先日雑誌にも話題になっていたから、もう一工夫あればおもしろいかも・・」

今後は多分、新しい情報やアイデアはD氏の所にまず一番に入るでしょうね。

今は詳しく述べられませんが、近々経済産業省から新しいベンチャー支援策が実行に移される予定です

アイデアレベルを馬鹿にするもんじゃありませんよ。Topdasの新規事業は小さなアイデアまでも確実に保有し有効利用しています
[PR]
by topdas | 2004-07-18 00:09 | Pro-Worker

今どき。困ったものです。

a0017660_95359.jpg昔からの顧客は、これからも自社のものだという会社がまだありました

私の顧問先で、新規事業を構築中なのですが、そこに妙な事を言い出す会社が出現しました。
その顧問先とは、以前からの付き合いがあるので勝手に新しいことをやってもらっては困ると真面目に申し出ている会社があるのです。
理由は単純で、以前からの付き合いだけだそうです。

う~む。これは手ごわいです。従来の自社顧客は完全に自分のものだと思い込んでしまっているのです。
この会社には「今どき・・」というのは通用しないようです。

よくよく調べてみると、その会社の中では覇権争いがあって、実力の無い専務が大株主にご機嫌をとって、社長の座を狙っているようです。
だから、自分のお客に自分の理解できない動きがあると不安で不安で一杯一杯になってそんな行動に出たみたいです。
社員は皆うんざりしているそうですが、他にも同じような事があって、どうしようもないと言った感じで、様子見をしているとのことです。

誰か、立ちはだからないのですかねえ?
私は今どきそんな中で働いていてもって感じがしますが。

といえるのも、私は「雇われない雇わない」という考えの下、自分の得意な仕事を期間を区切って成果を挙げるという、気持ちよく働くワークスタイル「インディペンデントコントラクター」を選んだからです。
つい最近気付いたことですが、同じようなワークスタイルの方はたくさんいらっしゃるのですね!

こういう働き方を支援しようとするNPO法人が昨年暮れに出来ました。
興味のある方はご覧になってみて下さい。

インディペンデントコントラクター協会
[PR]
by topdas | 2004-07-14 09:55 | Pro-Worker

集合です!何か一つ”キラリと光る力”をお持ちの方限定。

a0017660_95312.jpg
Topdas株式会社は本日より本格的なプロデュース活動を始めます

現在取り組んでいる主な新規事業プロデュースは、

●フォークリフト関連事業
●RFID無線ICタグを利用した新規ビジネス開発
●ビジネスプロデューサー育成

です。

この他にも、ペット関連、バナジウム関連、映像空間などが具体的に進み始めています。

Topdasでは、少人数でビッグビジネスを可能にしたビジネスプロデューサーズネットワークHitHit-Galleryに所属するメンバー達が、自分の最も得意とする能力をフルに発揮して、次世代ビジネスを送り出しています。

経済活性化と雇用促進など社会に貢献する事業として発展させて行きたいと考えております。
ご期待下さい。


Topdas株式会社  代表取締役  久保 修
[PR]
by topdas | 2004-07-01 09:54 | Pro-Worker