<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

銀行ICカードの行方

三井住友銀行でICカードについてお話を聞いた。

ゴルフ場での被害など、スキミングによる磁気カードのセキュリティの問題が取り立たされていますが、その救世主となる予定の”ICカード”の普及や現状の問題点などについてお話を伺った。
a0017660_11123138.jpg

現段階で、ICチップ(ICカードの中に埋め込んである記憶装置)によるセキュリティは万全であると考えられている。ICカードを読み取って作ることはほぼ不可能ということだ。
ただ、人間が作ったものなのである意味”完璧”ではないが、それを求めるのは無理な話。
しっかりとしたヒューマンプロテクトがシステム化されているという”信頼”が大前提にある。

では、全てICカードにすればいいんじゃないの?

・同行のICカードでは、ICカードと云っても磁気ストライプ機能も持ち合わせているということ。
1日あたり引き出し上限額がICチップでは300万円、磁気ストライプでは0円が初期設定されている。そして引き出すにはいずれも暗証番号が必要だ。
この状態では、暗証番号も知られ、スキミングによるカード偽造が行なわれても限度額が0円なので心配は無い。
しかし、ICチップだけの設定だと他行のATMでは下ろせない不便さがある。このあたりの互換性がシステム化されないと、普及のスピードはイマイチなのかも知れない。

しばらくは、磁気ストライプに限度額を設定して使うことになりそうだ。
例えば、磁気ストライプでの引き出し上限額を10万円に設定していたとして口座に300万円あったとしても、犯人は全額下ろすのに30日間かかる計算になる。

但し本カード自体と暗証番号が盗まれるとこのシステムでもアウト!

東京三菱などが発行している”静脈認証”など暗証番号以外のセキュリティの方がもっと万全だ。ただ、家族の口座を主人と奥さんが共有して使用していた人にとっては、そういう使い方は出来なくなる。

当面、使えるATMの数や他行の利用などまだまだ課題を抱えながら進んで行くしかないようですね。
また、電子マネーやお財布携帯など、お金の使い方とセキュリティは、やはりそれぞれ個人が自分の生活スタイルに合わせて選択していく事だと思う。
[PR]
by topdas | 2005-05-30 11:13 | News&Comment

暖かさとともに世の中が活発になってきました。(3)

ちなみに、うちの馬でも子供でもありません。

a0017660_131258100.jpg

ザリガニ取りのようです。
a0017660_1313125.jpg
a0017660_13132671.jpg



[PR]
by topdas | 2005-05-28 13:14 | Relax Room

暖かさとともに世の中が活発になってきました。(2)




a0017660_13111365.jpg
a0017660_13112573.jpg
a0017660_13113762.jpg

[PR]
by topdas | 2005-05-28 13:12 | Relax Room

暖かさとともに世の中が活発になってきました。




a0017660_1381497.jpg
a0017660_1383761.jpg
a0017660_139173.jpg

[PR]
by topdas | 2005-05-28 13:10 | Relax Room

売れない商品、買わない商品

仕事柄、商品やサービスを売る事に関していろいろ考える事が多いのですが、やはり売れないのには原因があります。

(あるケース)
売れない商品を一生懸命売ろうとしている場合。

技術力や特許などの製品を実際に作った人に多いのですが、自分の商品に対する愛着は人一倍大きい場合によくある売れないパターン。
”お金を出す人”への配慮が全く欠けていて、こんな良いもの何で皆買わないのだ!?と思い込んで、売れないのは客のせいだという。

この場合は、本人が音をあげるまで泥沼化することが多いのです。

先日、IT系のサービス商品の販売相談があったのですが、これはいくらですか?と聞くと”それは、相手次第で柔軟に”という答え。
概算で良いので教えてくれませんかと、しばらく問答が続いて出てきた価格は30万円。
よく似た競合商品を知っていたので、その価格12万円を教えてあげると、すぐさま”それくらいでなら出来る”との答え。
機能や内容の差があれば、価格は落とさなくてもいいのですが、即答で半額以下。
あれこれ聞いているうちに、最後は1万円まで下がってしまった。

う~ん。

これ以外にも、指摘する点はたくさんありましたが、まず価格がすし屋の大トロみたいに時価では普及されない商品。売る側の自信作のわりに一気に下がる価格?

いちばん問題なのが、相談に来られて何もアドバイスを受け入れようとしないその姿勢に問題ありだと思いました。
[PR]
by topdas | 2005-05-26 09:58 | Child's Eye

明日から久々に東京入りです

この春先から、名古屋や福岡など地方巡業に入り、先週は岡山とイイ空気と時間の進み方が身体にイイところで仕事をさせていただいてました。
a0017660_2373959.jpg

2ヶ月ぶり?くらいで東京に入ります。
また、面白そうな話題が幾つか発生しています。
いよいよ、本格的な環境ビジネスの幕開けです。
これまでの掛け声とは違い本物が出現する年になりそうな予感です。
化けるかどうかは、これからですが少し楽しみにしています。

また、昨年からお世話になっていた大口顧客との契約期間が来月に迫ってきています。新規事業立上げと初期段階の営業サポートで丁度1年を迎えます。最後の最後までしっかりとできる限りを尽くしたいと思っています。

そしてその次にまた、新しい事へのチャレンジが始まります!

インディペンデント・コントラクターとして活動してきたこの1年。
無事決算を迎えられ、どうにかこうにか赤字は免れそう<笑>
今年は、リクルートがインディペンデント・コントラクター(IC)を「プロワーカー」と呼び、5月より新しいワークスタイルとして本格的に登録を開始し始めた。

まだまだ、増えそう!あなたもIC的働き方をしたいと思ったら、今働いている会社でしっかりと自分の得意分野を磨いておく事ですよ!
[PR]
by topdas | 2005-05-17 23:06 | Pro-Worker

いよいよ明日大学教授?デビューです!

明日、O大学で90分の講義を受け持ちます。
お題は「起業論」で受講生は約50人。
a0017660_17442834.gif
このキッカケは、私がインキュベーション施設のプロデュースをやっていなければまずありえなかったことですが、めぐり巡って教壇に。

どうなりますことやら..

僕はいつも”新しいことしかやりません”と言い続けています。
必死になる自分と実行するまでの緊張感がたまらないのです。

たとえ、うまく出来ている商売でも、決まったやり方でマニュアル通りにやるという作業は全く力が出ないというかやる気が起こらないのです。
コツコツやれる人をみると凄いなあ!どうして我慢できるだろうって思います。
コツコツ型の人から言わせると、”結果が見えないそんな恐ろしいことようやるなあ?”って思うそうです。

やはり、どちらが良いとは言えませんが人それぞれなんですねえ。

だから、其々が互いに相手を認め合うので、一緒に仕事をしても結構うまく行きます。
同じタイプだと、ぶつかりあって互いにブラッシュアップできるので仕事の質が上がって行きます。ただこの場合、高いコミュニケーション能力がないとケンカ別れになることがあります。

目標を極めたポーツマンのように、互いに競い合いながら、出来ないことを自分の努力不足と考え、勝つ為に戦い続け、たとえ負けてもその時は素直に相手を認める、そしてまた自己研鑽に励むというスタイルが大切ですね。
[PR]
by topdas | 2005-05-11 17:45 | News&Comment

売れているのか?儲かっているのか?

最近、南船場や南堀江などに良く見られる、著名なデザイナーがアッと言わせるお店を作っている。
そして、こんな裏道にお店があるのかというところに作って話題を呼んでいる。
a0017660_11394251.jpg
私が唯一心配するのは、「売れる店」なのか??である。
デザイナーはあるコンセプトのもとに、すばらしい作品としてお店を作ったのだから満足しているだろう。ただ、デザインがプロだとしても、イコール「売る」こともプロだとは必ずしも言えないのではないだろうか?
[PR]
by topdas | 2005-05-10 11:42 | Child's Eye

下請けビジネスプロデューサーはどうかと..

ビジネスプロデューサー(映画プロデューサーのように新しいビジネスを実現してゆく人)を名乗る方々が増えてきました。
a0017660_2023237.jpg
言葉は、ある時は便利ですが、まだまだ認知されていない言葉は時として誤解を生みながら進行してしまうことがあります。ビジネスプロデューサーという職業というか職種をあらわすのに最近使われているのですが、人によって受け止め方が違うような気がします。

私も、一時ビジネスプロデューサーを名乗っていましたが、イマイチ相手に伝わらないのであまり使わなくなっています。マーケットプロデューサー(新しい市場を作り出す人)やビジネスデザイナー(絵を描くようにビジネスを仕上げて行く人)のような使い方もしていました..

いずれにしても、私が考えているビジネスプロデューサーというのは、その人の過去の経験や知識などから生まれてくるセンスみたいなもの、その人にしか創造できなかったであろうビジネスの構図によって新しいマーケットやビジネスを総合的に実現して行くことをだと思っています。

だから、具体的な材料があってこんな風にしたいんだけど企画書作ってくれないかと云われて、そのまま言われるがままに実行しようとするのは、ちょっと違うと思います。
もう既に出来上がったイメージを描くのは、選ばれたプロジェクトリーダーの仕事かもしれませんね。例えば、ある建造物をアピールする為に、ポスターを作成することが決まり、この大きさのキャンバスでこの筆と絵の具を使ってこの風景を描いて欲しいということをするのがビジネスプロデューサーの役割ではないのです。

”この建造物をアピールしたいので、よろしくお願いします”を聞いて”ハイお任せ下さい”だけでいいのです。
そこから先は、大理石をキャンバスにしようが、クレヨンや墨を使おうが、版画や切り絵にしようが、目的であるアピールすることを実現(成果を出す)すれば良いのです。もちろんポスターである必要も無いのです。目的はアピールすることにある訳ですから。

いずれにしても私はいつも、頼まれる前から色んなビジネスデザインをして楽しんでいますので、他人のことはどうでもいいっちゃいいのですが、正直同じに見られるとちょっといやだなあと思ったので書いてみました。
[PR]
by topdas | 2005-05-09 20:25 | Child's Eye

世の中どこか狂ってきていませんか?

最近、世間で起こってきていることがあまりにもつまらない事ばかり。
これは大変だと騒ぐマスコミにも訳のわからないコメントが多い。
真面目に考えているのa0017660_19383310.jpgか疑いたくなることもしばしば。

皆が何か大変な世の中になってきていると感じ始めているはずだと思うのだが、他人事ではないと思っている人はまだ少ないように思う。

こんな時には、自分のできる事を其々が真面目に実行することが大切だと感じる。
理屈をこねてやらないよりは、良いと思ったことをやってみる勇気が必要ではないか?

電車に乗ると、足を組んで通路をふさぐ人がいる。
それも立派なオッサン、オバサンがだ!
ちょっとしたことの善悪も、意識の中で曖昧になっている証拠だと思う。
甘えに弱い人が増えたと嘆いていては始まらない。
自分の周りの人にそんな人が居たら、親切に叱ってあげよう!

自分の周りだけでも、メリハリつけませんか?!
[PR]
by topdas | 2005-05-06 19:39 | Relax Room