<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トヨタの新社長

トヨタ自動車の渡辺新社長は物腰穏やかで、お話される内容も非常にわかりやすい言葉を使われますね。
a0017660_12201872.jpg

本日のNHKインタビューでも言われてましたが、大きくなると大企業病が発生する。それをいかに早くキャッチして対処するかがこのまま成長する為には大切なことだと..
これだけ業績も良く、大きな組織になると、ついつい”今回はこれくらいでいいか”、”体勢に影響はないだろう”ということが頭の隅に居ついてしまう。
これが大企業病の病原体になる。

このことを気づいていて、それが重要な事だとトップが認識していることこそすばらしいことだと思いますね。

もう一つ、私にとって興味深いコメント。

渡辺社長がこれから作りたい自動車は、
”走れば走るほど空気をきれいにするクルマ”
”人を傷つけないクルマ”
”乗ると健康になるクルマ”

だそうだ。

どれもいい響きで、”あったらいいな”と思いますね。

そんな夢のあるクルマ作りに参画できるチャンスが欲しいですね。
期待しています!
[PR]
by topdas | 2005-06-28 12:21 | News&Comment

買い物ポリ袋が有料化?

先日、スーパーなどが加盟する複数の団体から、買い物をしたときのポリ袋の有料化を法律で定めて欲しいという要望書を経済産業省に提出したという記事を見ました。

大義名分をもらわないと、業界側の負担が大きいという言い分だ!
どうしても従来の枠内で何とかしようとする体質はいかがなものかと思う。
よってたかってどのスーパーも何か知恵は出なかったのでしょうか?

Child's Eye(売れるモノ、売れる仕組みを作る視点)に立てば、もっと違ったビジネスアイデアは山ほど出てくる。コスト負担ではなくWINWINのビジネスが。

例えば思いつきで...

視点1:ポリ袋に変わって廃棄しやすい紙袋などに代替する
たぶん紙袋に切り替えたらコスト負担が増加すると思われるが、そこは一ひねり。食品を仕入れている取引先各社に負担してもらってはどうか?
つまり、オリジナルの広告の入った紙袋を提供してもらうのだ。例えば「○●食品」のロゴやキャッチ、キャラクターマークが入った紙袋をもった人が毎日スーパーから続々と街に出て行く光景を思い浮かべて欲しい。提供先にとってもインパクトのある広告になるので、次々と新しいデザインの紙袋がスーパーに持ち込まれるのではないか!?
a0017660_11275538.gif
視点2:循環キャリーバック
廃棄物の量を減らすという観点からは、キャリーバックを利用するのもいいだろう。
ただ、必須条件はデザインとその機能性である。現在出回っているキャリーバックではかっこ悪過ぎる。デザイナーを使ってかっこ良い物を作って欲しい。大物が入る大きなものや手提げ程度のものなど3種類くらいは必要か?
そこで、コストの問題ですが、ポリ袋の有料化宣言の半年位前から、買い物のポイントでキャリーバッグがもらえるようにする(よくあるポイント還元)デザインの良いものだと、他にも応用できるかも知れないので、数百円から数千円で販売しても良い。
お店のロゴが入っていれば割り引けばいい!
また、レンタル的な利用方法もあっていいかも?一時的にお金はいるが、会員になれば格安でレンタルされて返却すれば返金する。

う~ん、もっともっとありますが、こういうことをチャンスと見て仕掛ける「紙袋メーカー」があってもいいし、「食品会社」があってもいいし、もちろん「スーパーやコンビニ」であってもいいからもっと構想力を出して欲しいですね。
まず一番に行動を起こした会社が主導権を握るのは間違いないですから!

前回のクールビズのネクタイ業界の話と同様、もっと新しい価値を創造して行きましょう!
[PR]
by topdas | 2005-06-24 11:28 | Child's Eye

クールビズ

話題を呼んでいるクールビズ!
a0017660_13174020.jpg

チーム・マイナス6%とも絡んで新しい展開を始めています。
6月18日12:40現在で、38、023人がCO2を減らす運動に参加しています。

なぜ、これだけ話題になっているのでしょうか?
地球温暖化防止?CO2削減?省エネ?
違います!
これまで訴えてきた方法とクールビズは違うからです。

ではどうしてか?
第一に”暑いからです”、生理的に暑いのに、ビジネスではこれまで真夏のアッツイ時期にも背広にネクタイ。これが日本のビジネスマンの姿として決め付けられていたからです。
心のどこかでは、欧米のようにラフでもいいんじゃないか!?ってみんなが思っていたのが今回の「キッカケ」で爆発しているのです。

さらに加速している要因の一つに、あのライブドアの堀江さんが貢献しています。
ビジネスをするのに、Tシャツでも出来るということを証明してくれたからです。

また、国会でも導入されたことで、議員さん達が否応無しに取り組まざるを得なかったからです。これまで訴えてきた、地球温暖化防止、CO2削減、省エネという大義名分のもとに云われると、逆らった方が国民から反感を買うかも知れないという心理もはたらいているでしょう!

国会議員のファッションセンスをマスコミが面白おかしく取り上げているのもムードアップにつながっています。

まだあります。
”クールビズ”というネーミングをつけた事です。
「地球温暖化防止運動!夏は軽装で」では、今回のようには広がらなかったでしょう!

これらの動きは、ビジネスの世界で脚光を浴びている「ブランディング」とも言えるでしょう!

ネクタイ業界が騒いでるって!?そんなもんは放っておけばいいです。
この逆境をチャンスと見るネクタイ業者にとってはビジネスチャンスですからね!
私は、古い体質のネクタイ業界が必死の抵抗をしているのを見て、新しい提案をしています。
逆境をチャンスに”夏の襟元”を涼しく飾る新商品を開発し、今こそ話題に乗って出すチャンスですよって!
話題性があるうちは、広告宣伝費もかからず、逆に売上が上がると思うんですけどねえ?
第2世代の社長が敏感に反応してくれるといいのですが...
ダメならアクセサリなど他の業界に投げ込んでみようかと思っています。

私の個人的な予想では、今年出遅れた企業もあるでしょうから、来年は一気に広がると思います。

四季それぞれをいつまでも感じていたいものです..
[PR]
by topdas | 2005-06-18 13:15 | Child's Eye

クリエイター作品募集中です!

まだ、無名や新人で世の中にその才能を広く伝えにくい芸術的なクリエイター達を応援する企画を作りました。

開催場所は大阪本町にあるビジネス施設CHIKOあきんど本町です。

施設内に展示、掲示できる写真や絵画のような作品に限られますが、数多くのビジネス関係者が集まる施設なので、何かデビューのキッカケを掴んでもらえるかも知れません!
簡単な審査(アダルトなど適切でないものを排除)の上、無料で展示できます。

a0017660_12492733.jpg


展示品を販売したい場合はHitHit-Galleryが相談に乗ってくれます。
[PR]
by topdas | 2005-06-15 12:51 | HitHit-Gallery

これが空間プロデュース!

横浜にある、みなとみらい!

この施設がオープンしてからだいぶ経っていて今頃??って言われるかと思うのですが、先月、自動車テクノロジー展があるというので初めて行ってきました。
ここの空間をプロデュースした人はいったい誰なんでしょう?
感心するばかりです。

抜け過ぎるほど吹き抜けていて、大きな壁面が最上階からエスカレーター越しに見えるわ、地下にある地下鉄のホームに行き来する電車と人の姿も見える。


a0017660_12103263.jpg

a0017660_12105926.jpg

a0017660_12112646.jpg
a0017660_12122654.jpg

こういう空間プロデューサーの頭の中はいったいどうなっているんでしょう?
私はビジネスプロデューサーとして、いつも新しいビジネスシーンをイメージしながら毎日を過ごしているのと同じで、いつも「空間」をイメージしながら歩いていらっしゃるのでしょうね。

関西には無い巨大空間でした。
言葉では表現できない体感がありました。
まだ行った事が無い方は、お早めに!
[PR]
by topdas | 2005-06-14 12:13 | Relax Room

日本人に多い”新しいことへの抵抗感”

このブログタイトル”新しいこといつもTopdasから”にもありますように、私の本業は新しいことを前提にした企画プロデュースです。

新しいことというのは、答えがなくて何が起きるか分からない。
最初に構想するビジネスのシナリオは、夢と希望でワクワクするのだが、成功の答えを求める人が非常に多い。
”そんなもんがあるなら教えて欲しい”っていいたいところだが、ここは仕事だからガマンガマン。

次にいざ企画段階に入ってくるといろんなことが起こる。
”どうしよう?”
ではなく笑顔で”来た来た!突破するぞ~!”って言って欲しいものです。
すぐに答えの見つからないものにぶつかって学ぶ。
この繰り返しが自分を強くしてくれるのです。
この数が多いほど、新規事業に起こりうる問題を予測したり、アッサリ解決したりするのです。

だから楽しいのです!”新しいこと”
[PR]
by topdas | 2005-06-01 12:55 | Child's Eye