<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

楽天が阪神優勝セール

阪神タイガースが優勝しました。
タイガースファンの皆様おめでとうございます。
a0017660_9441517.jpg
a0017660_9414162.jpg

自社で球団を持つ「楽天」はさすが商魂たくましい。
「楽天市場ニュース」というのが頼んだ覚えはないのですが、ちょくちょく流れてきます。
楽天市場内のショップが阪神優勝セールを実施しているという事をアピールして他球団の優勝であろうが何のこだわりもなくちゃんと商売につなげるところは偉い。というかビジネスという視点から見ると何の不思議もありませんが。

スポーツという観点から見ると違ってくるでしょうね。
商売よりも「意地」があるから、絶対他球団の名前を使ったりすることはないでしょう。

今回「楽天」という知名度と世間に浸透された企業イメージから、楽天が阪神優勝をネタにビジネスをしていることは何の違和感ももたれないかも知れません。
が、反対の立場になったときはどうでしょう?

阪神が早々とドンジリが決まって楽天が優勝した場合に、阪神は楽天の名を利用してビジネスが展開できるでしょうか?これまでの考え方だと黙ってみているだけになりそうですね。

しかし、考えようによってはビジネスに繋げる道は色々あります。
皆さんはいくつ思いつきますか?
「売れるキッカケ」はこういう考えるクセをつけていればいくらでも出てきます。
[PR]
by topdas | 2005-09-30 09:42 | Relax Room

阪神マジック1

a0017660_1785059.jpg

タイガースファンの皆様へ
今年は道頓堀工事中につき、飛び込んだら大ケガになります。
違う場所を探した方が賢明ですよ!!

(現地取材)
[PR]
by topdas | 2005-09-29 17:08 | Relax Room

トヨタはピークから下り坂へ

誰もが最強と言わしめる企業、TOYOTA
a0017660_0351890.jpg
私の勘ですが、最強TOYOTAも、上昇ピークはやや過ぎてやや下り曲線にさしかかってきていると、何ら明確な根拠もなく肌で感じるだけでコメントをします。

実に企業としてのすばらしさと強さは今だ健在ですし、当面はこの調子を保てるでしょう!
私が感じているのは、そういう企業の強さではなく、商品(自動車)そのものの強さを感じさせる車が少なくなっているということです。
今はその陰りを企業パワーが十分カバーしているのですが、どうしてもTOYOTAの自動車が欲しい理由が少なくなってきています。

例えば、これまでの強みは車種バリエーションの多さ、多様なグレード、機能面装備品の充実、安全面の信頼、故障(メンテナンスコスト)の少なさ、中古車市場での優位性など総合力で他メーカーを引き離していました。一昔前はマツダは故障が多いとかミツビシは売るときに損をするなどがあった時期に一気にシェアを拡大しましたが、今は車種バリエーションを除けば大方どこのメーカーも横並びです。

日産はゴーン改革を気にデザイン力が増しましたし、ホンダは個性を保ちつつ燃費や環境に関してさらに特化しています。元気の無かったマツダも長いスランプからは抜け出しているのではないでしょうか?

では、TOYOTAが局地戦、つまり1対1で戦った時にどうしても欲しい車をどれだけ作っているでしょうか?共有化された車台に前から見た顔も良く似たものが多いなど、価格面などを除いて”これが欲しい~”という車が全体の何割くらいあるでしょう??

特に心配材料は、話題になっている”レクサス店”がイメージどおりに進んで行くかどうかです。
表向きはどうであれ、しんどい状況になると思いますね。よほど斬新なモデルを隠していない限りは...

写真はフェラーリです。
[PR]
by topdas | 2005-09-28 00:35 | Child's Eye

女性の営業力

a0017660_9232338.jpg

「営業力」は男女性別で変わるのでしょうか?
多分これからは余り変わらないかもしれません。
これまで特に日本では男が外で稼ぎ女は家を守るという時代が長く続いていたので頭の中では考える事もなく営業=男性というふうに思い込んでいたのではないでしょうか?

一部の業種、例えば生保業界では女性営業が主力でありましたが最近では外資系生保に見られるように応用力が必要なコンサル営業では男性が増えていますね。
一概には言えませんが「営業力」に男女の差が有るのではなく、どちらかというと性別の特性によって向き不向きが有るのかも知れません。

20年ほど前に一時ブームになったセールスレディに最近本物があちこちで活躍されているのを見てそろそろセールスレップにも本格登用を考えようかと思っています。

もうすぐ東京に着きます。(車中)
[PR]
by topdas | 2005-09-26 09:23

ベストな時間空間

サラリーマンの方は別にして、こう休みが多いと仕事時間が足りなくなりますね。
とは言え、ゆっくり出来たので寝不足は解消。
寝だめができればいいのにと思ってしまいます。

a0017660_235415100.jpgカラダが休みすぎても、疲れすぎても”良いアイデア”は生まれにくいですね。
適度な緊張感と体調が良い午前中に創造的な時間を作ると結果が良い様に思います。

皆さん、”自分のベストの時間、空間”持っていますか?
[PR]
by topdas | 2005-09-24 23:54 | Relax Room

大阪のビジネス街で探しています

先日東京で結構流行っている喫茶店のオーナーが年齢的にリタイヤを考えているので、引き続き運営をしてくれる人に月8万円でお貸ししたいという話がありました。
場所は青山で30坪ほどらしい。
破格というよりは、商売抜きの話です。
a0017660_18121662.jpg
東京には10年あまり暮らしていた事があったし、月に2、3度は出張に出るので思わず”やります”と即答しかけましたが、グッとこらえて我慢しました。

実は、オフィス兼用で実験的店舗をやりたいと思っています。
実験的店舗?というのは、ありきたりのお店をやるつもりはさらさらないのですが、一般消費者向けの商材の反応をテストしたり、新しい企画を展開する実証実験を次々と打出す店舗兼オフィスが欲しいのです。

だからこの東京の案件の様に、何ともビックリするような物件がないかなあと思い願っているわけです。
スペースなら提供するぞ!という余裕とゆとりで夢を楽しむオーナーは大阪におりまへんか~(笑)

お~欲しい!
[PR]
by topdas | 2005-09-23 18:13 | News&Comment

売るためにできること

今日、お話したお客さまから質問された。

「昨年開発した新商品をあの手この手で売ろうと思ったけれどなかなか売れない。
いったいどうしてなんでしょう?」
a0017660_2012549.jpg

たまたま以前私がプロデュースした企業のご紹介で、初めて外部に相談するのだそうで、最初は製品開発の苦労や画期的な特許技術の説明を延々とお話になり、そしてこれまでやってきた販路開拓について正しいはずなのにうまく行かないのはオカシイという結論まで出されました。

私が感じたのは自分達の作ったモノややってきたことが正しいという前提で話をされるのがそもそもおかしいのではないのかな?と思いました。
結果的にうまくいっていないのだから、正当性を述べるよりも、もう少し冷静にというか第三者的な視点から見てみることが必要だと思います。

もうやるべきことはやったとおっしゃる社長様のお言葉を返して、その場で思いついただけでも10以上のできる事(やっていないこと)がありました。
比較的軽症で、少しマーケットへの訴え方がピントがズレていたのと、商品の良さが全くパンフレットに表現されていないことが一目瞭然。そしてプロモーションに問題がありましたが、すぐに出来て効果が現れそうなことで概ね売れる道筋が見えた1時間でした。

”なーるほど”ということで引き続きサポートをすることになりましたが、将棋を横から見ているように、第三者の目は偏らずに見ているから発見できるのでしょうね!
私の推奨するChild's Eye(売れるモノ、売れる仕組みを作る視点)はそういう素直な目でビジネスの世界を見ることです!

今日も気持ちのイイ仕事が出来ました。
[PR]
by topdas | 2005-09-22 20:12 | Child's Eye

大手企業との取引のカベは先入観に有り

中小企業の販路開拓支援をしている際に、そこの経営者から飛び出す言葉に思わず「今は違いますよ」と言ってしまうことがあります。
a0017660_1035238.jpg
「大手は我々のような中小企業に取り合ってくれない」
「大手に話をされると、アイデアだけ盗まれて使われてしまう」


これは明らかに間違いですね。
もしくはブレイクスルーが出来ないでいる言い訳としか思えません。
こういう社長に限って、これまでそのような実体験や失敗があるのではなく、そう思い込んでしまっているというところに問題があります。
どこかのコンサルがいった言葉を真に受けているのでしょうか?

今や大手企業でも、優秀な中小企業やベンチャーの能力を認めていますし、中小企業ならではの商品開発力や機動力は、大手では発揮できないことだと一目を置いています。
だから良いものは手を組んで共同開発したり技術を買ったりするすることにも結構前向きなのです。

全ての大企業とは言いませんが、何でも自社内でこなそうというプライドで今の時代に生き残っていくことは難しいはずです。そんなプライドよりもより早くマーケットに対してより良い商品を送り出していく方がもっとも現実的です。
自社だけで開発することよりも中小企業ベンチャーと組んだほうが、より早く効率的であると判断できれば、手を組むことに全く問題は無い訳です。

だから、中小企業ベンチャーとして何をしなければいけないかというと、
大企業に訴求できる技術や商品、サービスなどが本当にあるか?
それは、マーケットで受け入れられるものか?

が重要です。


大企業にあるインフラ、中小企業にある技術やノウハウが一体化することで、其々が独自に開発販売していくよりも、断然早く市場導入できることが手を組む相互メリットです。

中小企業だから、ベンチャーだからということで不利だと思い込んでいてはその先には進めません。大手企業から声が掛かったり、盗まれる程の企業の「コア」が必要です。
先のマーケットを大きく確実に構想し、しっかりした「売れるモノ売れる仕組み」を創りましょう!
[PR]
by topdas | 2005-09-21 10:36 | Child's Eye

みんな翼がある

「みんな翼がある」で最近独立された渡邉優子さんのHPが出来たという知らせが入りましたのでご紹介します。
http://www.tubasa-aru.com/index.htm
a0017660_942246.jpg

渡邉さんは、私の東京事務所を置く日本橋のウィズスクエアでスタッフをされていた方です。
自分のできることを実現しようと自らの翼をひろげられました。
カウンセリングやセラピーなどさまざまな手法を使って翼をひろげるお手伝いをして下さいます。
大きく羽ばたいて欲しいと願っています。

コンセプトメッセージ(引用)
ひとりひとりがみんな自分の翼を持っています。でも忘れてしまっていたり、 飛ぼうとしても使い方がわからなかったりするだけです。あなたの飛びたがって いる翼を一緒に探すお手伝いをしたいと思っています。

[PR]
by topdas | 2005-09-21 09:44 | News&Comment

仕事人.Com

「仕事人.Com」という、とてもよい響きのブログを見つけました。
http://www.shigotonin.com/

a0017660_16343217.gif

ここは、全国の”気になる社長ブログ”を一挙公開しているので、自分の地域や業種別などで検索してみると実にユニークな方々がいらっしゃいます。
是非一度、ご覧になってみてください。

*私も本日登録致しました。
[PR]
by topdas | 2005-09-20 16:34 | News&Comment