<   2006年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

女性がトレンドを引っ張る??

a0017660_17311219.jpg
女性の鋭い反応がマーケットを左右している?


最近、若い女性の間でワンカップ酒が流行っているとのことですが、昔はちょっと怖いオヤジが真昼間から酔っ払ってフラフラと片手に持っているのが定番でした。a0017660_1738839.jpg

今では、会社帰りのOLがちょいと一杯。オジサンたちは店の隅っこでチビリチビリとか。。?
たくさんの銘柄が出回っているようです。
恐るべしOLの作るトレンド。


a0017660_1740279.jpgやはり、小金も持っているOLは何に対しても興味や欲求も強くて、常に新しい刺激を求めているから、はまるとすごい勢いで流れて行きますね。
女性雑誌やクチコミパワーは特に優れていると思いますね。
また、男性だと人と同じ方向には流されたくないという人も多いと思いますが、女性の場合はその点はどちらかというとこだわらずに楽しんでしまうようです。ある意味、純粋ですね。

a0017660_17472625.jpg
次なるシーンは何処でどんな風に爆発するのか?皆さん予測してみましょう!
[PR]
by topdas | 2006-01-31 17:47 | Child's Eye

タブーアンソロジー 禁忌詩華集

元OSKスターが織り成す痛快レビュー!2月10日(金)から12日(日)から8ステージ
a0017660_17321134.jpg
a0017660_17293975.jpg


私の知人が主催で、大阪名村造船所跡にあるウワサの「black chamber」で公演会を実施します。デートにどうぞ!

出演  那月 峻 千爽 貴世 水那 れお 寿 依千 花風 ひかる

 日時 2006年 2月10日(金)~12日(日)
 料金   FAST SEAT ¥8.000 (最前列)  / 一般 ¥6.000

詳しくは、「black chamber」HPをご覧下さい。
http://www.namura.cc/blackchamber/index.html

尚、Topdas株式会社又はHitHit-Galleryと面識のある方には、「超優遇」がありますので、予約する前にメール(topdas@gmail.com)でお知らせ下さい。
[PR]
by topdas | 2006-01-30 17:31 | News&Comment

セールスレップが注意しなければならないこと

ある中小企業の販売支援をしているのですが、最近こんなケースが増えてきています。
a0017660_12224822.jpg
営業マンが5名の中小企業。
技術的に優れた新商品を開発され、自社営業やホームページのショッピングカートからも順調に売れています。
さらに販売地域拡大とインターネットを使えない購買層にも販路を求めるため、セールスレップを活用したいとご相談がありました。

ここで問題になるのは、「自社営業とHP販売」が「セールスレップ」とバッティングしてしまう可能性が高いことです。特にHPはやっかいです。
セールスレップが営業活動をする際に、見込み客に説明したり、提出するカタログや製品資料には、その製造者やHPのURLなどが記載されていることが多いのです。


以前、消費者の購買心理の記事を書きましたが、
消費者購買心理:AIDMAからAISASへ
最近の消費者は、情報をネット上から検索して比較判断し、購買するケースが増えてきているから問題が出てきます。
せっかくセールスレップが営業をしても、その後直接HPから商品を購買してしまうことがあるからです。
この点は、HP上の価格設定など、事前にメーカーと十分な打合せをしておかなければなりません。

また、セールスレップ自身にサイトがあれば、アフリエイトなどの仕組みを利用し、購買に至るまでに関与したことが判るようにヘッジしておくことも一つです。
a0017660_12234848.jpg

何れにせよ、WINWINの関係性がないと、長続きしませんのでご注意を!
[PR]
by topdas | 2006-01-28 12:23 | Sales-representative

売れるモノ発見!

昨日、経済産業省の販路マッチンッグのプレゼン会がありました。

”売りやすい商品が少ないなあ。。”と支援側のナビゲーターのつぶやき。
ここには、ベンチャーや中小企業が開発した特徴ある商品がプレゼンされます。販路開拓をするにも人員や新規取引先開拓をする営業力が乏しいなどの理由で支援を要請されている企業が、大企業OBを中心とした支援側のナビゲーターに期待を向けます。

ただ、ITなどの最新技術は日進月歩で、ナビゲーター側の情報や知識がついていけないケースもしばしば。”ちんぷんかんぷん”らしい。
a0017660_10273425.jpg私にとっては、びっくりするほど画期的で安価なセキュリティシステムを見つけたので、これはチャンスかなと思っています。
最近、USBキーや生態認証など”セキュリティグッズ”が流行っていますが、全く違った視点から開発されたもので特に機器など必要なく、4,5千円で完璧なセキュリティ商品でした。

これは、Topdasの商材としても使って行きたいので、詳細は準備でき次第公開したいと思います。
セールスレップ(関西、大阪)の方お楽しみに。
[PR]
by topdas | 2006-01-27 10:27 | Child's Eye

インディペンデント・コントラクター協会関西新年会

昨日NPOインディペンデント・コントラクター(IC)協会の関西新年会が大阪中央区で開催されました。
a0017660_0145920.jpg

昨年は、10名程度だった会員も徐々に増え、ゲストも交え20名余りが集いました。
ICは、関東を中心に注目され、最近では関西でも時々聞かれるようになってきました。
雇われないし雇わない自由なワークスタイルが時代にマッチしてきているのでしょう。

SOHOやベンチャーとはまた少し違いまして、大きな仕事や得意な分野、好きな分野には積極的に関わって行きますが、会社を作って会社自体を大きくしようという考えではありません。

最近では、セールスレップと言われる方々の中にも、単独で営業の請負仕事を目指すICの方も増えてきたように思います。

会話も話題も楽しいIC仲間が少しずつ増えるのに比例して、楽しみもネットワークも広がっています。
[PR]
by topdas | 2006-01-26 00:15 | Pro-Worker

「平成17年度大学発ベンチャーの成長支援に関する調査」結果について

ライブドアホリエモンも確か大学発?。。

a0017660_1727221.jpg
経産省は平成13年度(2001年度)に「大学発ベンチャー1000社計画」を掲げて各施策を実施した結果、目標期限とした3年後の平成16年度(2005年度)末に大学発ベンチャー企業が1112社設立されたと報告された。

大学発ベンチャー1000社計画の達成を受け、同研究会は大学発ベンチャー企業がイノベーションの主役として成長・発達するための課題などを分析・議論し、提言などを取りまとめた。同調査報告書は、(1)若手研究者人材の活用、(2)国や地方自治体の政策資源の集中投入や施策間の連携、(3)公的調達などによる初期市場の開拓などを報告・提言した。

大学発ベンチャー企業の成長・発達のためのさまざまな課題を整理した結果、(1)人材の確保・育成、(2)資金調達、(3)販路開拓の3課題に集約されると分析する。人材の確保・育成では、経営人材、研究開発人材、営業販売人材についてそれぞれ分析し、大学発ベンチャー企業の発達段階に応じて、経営人材の役割にふさわしい人材の確保が必要とする。また、研究開発と営業販売では、若手研究人材を活用する傾向が強いことを明らかにした。

大学発ベンチャー企業が成長・発達する環境を整備するために、大学を核とするイノベーション・クラスターを構築するための施策を効果的・集中的に実施するとの提言をまとめている。地域にイノベーション・クラスターを築くには、ネットワーク・リーダーが必要であり、同リーダーへの支援策を通してイノベーション・クラスターを形成することが有効と提言する。ネットワーク・リーダーの選定手法についても、参考として示唆する。


詳細は、経済産業省からPDF
http://www.meti.go.jp/press/20060123003/venture-set.pdf
[PR]
by topdas | 2006-01-25 17:27 | News&Comment

燃費140km/リットルのクルマが登場?

a0017660_1043757.jpga0017660_1045230.jpg


カリフォルニア州カールスバッドにあるベンチャー企業、アクセレレーテッド・コンポジット社が、スポーツタイプ・ハイブリッドを製作、販売する計画だと発表した。価格は2万ドル以下で、燃費がなんと330マイル/ガロン=139.5km/リットル。この軽量2シーターの名前は『アプテラ』。
現時点ではまだデザインスケッチのみだが、2年以内に実車を製作する予定。
ニッチを狙ってマーケット進出を図る同社、現在は投資を募っている段階。

だそうです。
乗り心地は、ホンダの「インサイト」に似ているとか。
う~ん、自動車の開発はそんなに簡単ではないと思いますが。。。
いけそうだと感じた人は、投資してみますか?
[PR]
by topdas | 2006-01-24 10:05 | Child's Eye

自動車フォーラム2月17日開催天満橋OMM

特定非営利活動法人チャレンジ企業支援隊主催の新春フォーラムのご案内です

自動車関係の方、是非ご参加を!!

a0017660_12344915.jpg


① 日時:平成18年2月17日(金)

② 場所:大阪マーチャンダイズマート(OMM)2階 1号・2号会議室 (06-6943-2020)

(京阪電車・天満橋東出口又は地下鉄谷町線・天満橋北出口①より地下道経由でOMMビル地下2階に直結)

③ プログラム:
1部:基調講演 PM6:00~7:20 
テーマ:「日本の電機・自動車産業の国際競争力の行方」 ~韓国・中国の追い上げと日本の対応~
講師:安積 敏政 松下電器産業株式会社 グローバル戦略研究所首席研究員  
塩地 洋  京都大学大学院経済学科研究科 教授
   
2部:パネル討議 PM7:20~8:00

3部:交流会(名刺交換会):PM8:00~9:00 東天紅 OMMビル20階(06-6943-3781)

④ 参加費: 講演会・交流会セット:7,000円 


詳細は別添チラシをご参照くださいPDFファイル(zip44KB)

チラシの2枚目に申込みフォームを付けていますので、
ご氏名など指定事項を記載の受うえ、FAX、郵送、メールなどでお申し込みください
収容人員の関係で、先着100名様の受付となっておりますので予めご了承をお願いします。
 
特定非営利活動法人チャレンジ企業支援隊                                  
                   理事長 成田欽史郎
631-0006 
奈良市西登美ヶ丘八丁目1番12号
TEL&FAX 0742-44-9071
E-mail:  c-shien@kcn.ne.jp
[PR]
by topdas | 2006-01-24 00:00 | Seminar info

自動車業界関係の新しい商材

自動車業界は、最近これといった大きな話題も無く、せいぜいレクサスの行方が注目されるくらいです。
a0017660_9553940.jpg
私の周りには自動車関係の企業が多く、私もこの分野ではドップリ20年余りも浸かっているので、判りきってしまっているというか、判ったつもりになっているのだと反省しております。
どんな業界でも、意外性のある次世代ビジネスはある筈なのですが、ヘタに専門知識や慣習を判ったつもりになっていると中々斬新なアイデアや企画は出づらくなってきます。
頭の中だけで整理してしまっているのは反省点です。

最近、お話しする自動車業界の方々も一時期の苦難を乗り越え、これから新しいことにチャレンジしようとする姿勢が沸々と湧いてきております。
このチャンスを逃さないで、”また新しい”を創り出して前進したいものです。
a0017660_9555117.jpg

自動車の、販売、中古車、整備、保険、リースなど向けに全く新しい切り口のアイデアをお持ちの方、是非お声かけ下さい。
[PR]
by topdas | 2006-01-23 09:56 | Sales-representative

仕事と時間

Topdasの本拠地である大阪オフィスは、私が自ら企画プロデュースした
CHIKOあきんど本町」というビジネス&インキュベーション施設にあります。
a0017660_15111263.jpg
ここには、月3万円で24時間365日使える正会員用専用ブースタイプのデスクが23ありますが、その他に月5千円で日中使える準会員スペースも用意されています。
現在、合わせて30以上の企業や団体、個人のビジネスベースとして利用されていますが、セミナーやミーティングなどで毎日賑わっています。

ここを利用される方はベンチャー的な小規模事業者が多いのですが、従来の会社勤めとは違い、毎日定時に出勤されて仕事をされている方は少なく、仕事の時間の使い方はバラバラのようです。
中には、数ヶ月に1度程度しかこのオフィスには来られない方もいらっしゃいます。こういう方の場合は、他に活動拠点を持たれていたり、あくまで会社登記用の住所や郵便物の配達場所が使用目的である場合もあるみたいです。
中には事業を立ち上げたばかりでこれからという人たちも多いのですが、ただ私が思うよりも、彼らが仕事に取り組んでいる時間は少ないように見えます。どこかでシッカリ動いていらっしゃるのでしょうか?それとも余程効率よく儲けていらっしゃるのでしょうか?人其々ですね。

私の場合、原則日曜日を完全休暇として、土曜や祝日は基本的に出勤していますが、会社勤めをしている昔の仲間からは”大変だね”といわれることもあります。自分では、仕事の内容が好きなことしか選んでないので苦労と感じることはなく、それより自分本来の能力を活かせないで、社内の上司を説得したり、訳のわからない会議で時間をつぶしていることがわかっているのにどうしようもない時を過ごす方が”大変だ”と独立してつくづく感じます。
a0017660_15113938.jpg

今は、仕事とやりたいことが融合していて、わざわざ分けて考える必要もなく過ごしていますが、日曜だけは体を休めたり、ぼんやりと過ごしていつもとは違う日を楽しみます。
[PR]
by topdas | 2006-01-22 15:13 | Relax Room