本日行って参りました”SORA”

以前よりご紹介させて頂いております、鵜飼さんの個展。
「舞い下りて 舞い上がる」

天気予報で雨が降ると言ってたので明日にしようかと思ってたのですが、降りそうもないし、仕事は脳ミソが限界に達していたのもあってマイチャリHit-Chan2号に乗って行って来ました。
雨でずぶぬれにならなかった分、蒸し風呂の街中を走ったので汗でびっしょり。
着いた時は、熱射病の一歩手前でした。

さて、写真を撮ってきましたので少しだけご紹介。

これは陶芸作品です。セレブなお部屋に飾りませんか?
a0017660_16573889.jpg

壁いっぱいに魚が元気よく泳いでいました。熱帯魚の世話が大変な方向け。コレ楽。
a0017660_1658666.jpg

釣り上げた一匹。釣れないお父さんにプレゼント!
a0017660_16582437.jpg

アートギャラリー”SORA”若いクリエイターを応援するステージ。写真は美人オーナー。
a0017660_16584037.jpg

この看板が目印です。
a0017660_16592449.jpg


すぐ近くに空堀商店街があります。帰りにおいしいお好み焼きやコロッケを食べながらの散策も楽しい場所です。
明日までなので、くれぐれもよろしくお願いします。
お金持ちの方は、展示終了間際に行けば全部買い占められるかも知れません。

私の知人の楽しいSHOPも近くにあります。
アイデアショップOMYhttp://www.omy.co.jp/index.html


無名・新人クリエイターを応援する Topdas&HitHit-Gallery
[PR]
# by topdas | 2006-06-30 16:59 | HitHit-Gallery

ECO:インターモーダルへのシフト

インターモーダルとは、人の流れによる環境負荷を交通システム全体として軽減していくことを目標に、それぞれに利点がある各交通手段を組み合わせようというものである。
a0017660_11717.jpg

(写真:トラックごと鉄道に載せている
 例えば、旅客部門の場合、自宅から最寄駅までは自家用車を使い、そこから目的地までは鉄道、そして目的地に着いたらレンタカーで回る、というようなものである。これを実現するために、鉄道事業者では、鉄道をレンタカーをセットで割引した「レール&レンタカー」を販売したり、駅に併設する駐車場を整備し「パーク&ライド」として提供したりしている。また、旅客部門では新幹線の整備による高速化で、航空機からのシフトも考えられている。
a0017660_117154.jpg

(写真:コンテナの2段積み。トンネルや急勾配の少ないアメリカならでは?)

日本において、運輸部門のCO2排出量は20%以上にものぼり、大きな割合を占めている。また、1990年度以降の排出量の増加率は、産業部門や民政部門等の他部門に比べると最も大きいことから、今後も交通需要は増大し、CO2排出量も増えると予想される。

世界合計では、炭素換算で62億トン(平成9年度)のCO2を排出している。仮に、先進国(インターモーダルが採れるほど交通機関が発展している国)の占める割合を半分とし、CO2の排出と輸送手段の構造とを全て日本と同一とすると、インターモーダルにより約3億トンものCO2を削減できることになる。やはり、インターモーダルはCO2削減へ有効な方策である。

<関連サイト>
http://www.mlit.go.jp/road/////////sisaku/tdm/Top03-02-03-02.html
[PR]
# by topdas | 2006-06-30 09:49 | Child's Eye